取り扱う業務

ホーム › 取り扱う業務

債務整理

過払金返還請求                             

「長年にわたって貸金業者に借金を返済しているが、いつまで経っても完済できない」
「貸金業者に対して、ここ10年以内ぐらいに完済した」
「過払金を返してもらえると聞いたが、自分にも過払金があるのか知りたい」

「過払金」という言葉を耳にしたことがある方も多いかと思います。
「過払金」とは、簡単に言うと、消費者金融やクレジットカード業者などに対して、返済する必要のない利息まで返済してしまったお金のことです。
払う必要のないお金ですので、当然「返せ」ということができます。

違法金利(利息制限法に定める利率を超える金利)分を元本に充当し直す再計算(引直計算)を行ったときに,元金消滅後もなお支払った分を交渉や訴訟により取り返すことが可能です。

どういう場合に過払金が発生するかについては、一概に言えません、目安として、貸金業者との取引が5年以上続いていたような場合には、過払金が発生している可能性が高いかと思います。
しかし、取引期間が短い場合でも発生することもあります。
過払金の有無、金額については貸金業者との取引の履歴を見ながら「引直計算」をする必要があります。

ただし、完済日から10年を経過したものは時効となりますので、「もしかして,自分にも過払金が発生しているかも・・・」と思われる方は、早急にご相談ください。まずは,調査から実施しましょう。

弁護士費用  (消費税別)
着 手 金 報 酬 金
債権者1社につき 2万円   交渉・訴訟による過払金返還額の20%

このページの先頭へ